大谷一問一答 球宴レッドカーペットショーに照れ笑い「得意ではない。楽しめたら」

レッドカーペットショーに登場したエンゼルス・大谷翔平【写真:盆子原浩二】
レッドカーペットショーに登場したエンゼルス・大谷翔平【写真:盆子原浩二】

「こんなことはないので。貴重な体験をさせてもらっているなと」

 エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、ロッキーズの本拠地クアーズ・フィールドで行われるオールスター戦前にレッドカーペットショーに登場した。ロッキーズカラーにチェンジした“パープルカーペット”に水原一平通訳、球団関係者と共に姿を見せた。

 大谷は濃紺ジャケット、白のTシャツ、白のスニーカーと清楚な装いで登場。それでも、まるでファッションモデルのような着こなしだった。地元放送局のインタビューに応じ、ファンからの声援には笑顔を見せた。

 この日のオールスター戦にはア・リーグの「1番・指名打者」兼先発投手で出場する。球宴初のリアル二刀流で、降板後もDHとして出場できる特別ルールが採用された。日本人選手の先発登板は1995年野茂英雄(ドジャース)以来26年ぶり2人目だ。

――初のレッドカーペットショーに参加した。
「こんなことはないので。貴重な体験をさせてもらっているなと。歩いているだけで。こういうこともないので、新鮮な感じでやらせてもらっています」

――メジャーならではのイベントだ。
「オールスターも日本でもありましたけど、ここまで大きくやらないので。試合以外ではない。なかなかない経験かなと思います」

――他の選手とどんな話をしたか。
「昨日会っているので挨拶をして。他の選手の家族と会う機会はないので挨拶をしました」

――前日ホームランダービーに出場した。昨日の試合後は。
「ご飯食べてすぐ寝ました。そうですね、眠いですけど、何とか頑張りたいなと思います。毎回来ると疲れたり、息が上がったりするので。そういう感じでやっていけたらと思います」

――お祭りモードのイベントについて。
「あんまり得意な感じではない。楽しめたらと思っているので、来年から何回も来られるように頑張りたい」

――試合へ向けて。
「もう準備するだけ。実戦に向けて準備したいです。ナショナル・リーグのトップの選手とやる機会はそんなにない。貴重な経験かなと思います。勉強も出来ると思うので、楽しみにしています」

(小谷真弥 / Masaya Kotani)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY