大谷翔平、試合前後の“変貌”ぶりに球宴捕手も衝撃 161キロは「気楽な感じなのに…」

球宴でバッテリーを組んだ大谷翔平(左)とサルバドール・ペレス【写真:AP】
球宴でバッテリーを組んだ大谷翔平(左)とサルバドール・ペレス【写真:AP】

最速161キロをマークし初回を3者凡退に抑え19年・田中将以来の日本人勝利投手

■ア・リーグ 5ー2 ナ・リーグ(日本時間14日・デンバー)

 エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、米コロラド州デンバーのクアーズ・フィールドで行われた大リーグのオールスター戦で「1番・DH」兼先発投手を務めた。160キロ超の剛速球を連発し1回をパーフェクトの好投で、19年の田中将大投手(当時ヤンキース)に続く2人目となる日本人球宴勝利投手となった。バッテリーを組んだ捕手は「本当に光栄で楽しかった」と夢の舞台を振り返った。

 初回に打席に立った大谷は、その裏のマウンドに上がり最速100.2マイル(約161.3キロ)をマークするなど、3者凡退に仕留めた。特別ルールで実現した“二刀流”のバッテリーを務めたのはロイヤルズのサルバドール・ペレスだった。

 無失点に導くリードで大谷を支えたペレスは「現在リーグ最高の選手の1人だよ。ホームランを打って、盗塁もできる。投げてはスライダーもスプリットもすごい。オオタニの球を受けられて本当に光栄で楽しかったよ」と笑顔で球宴を振り返った。

 この日、大谷の投球で一番驚いたのは試合に入ってからの切り替えだった。試合前の準備なども評価しつつ「気楽な感じなのに、試合に入ったら99マイル以上とか出すんだ。ワォ、って感じだ。とても素晴らしいよ」と、その変貌ぶりに衝撃を受けた様子だった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY