前田健太、2年ぶり対決の大谷翔平に完勝 3打数無安打2三振に「うまく読み外せた」

エンゼルス戦に先発したツインズ・前田健太【写真:Getty Images】
エンゼルス戦に先発したツインズ・前田健太【写真:Getty Images】

大谷との対戦は三振、二ゴロ、三振で3打数0安打

■エンゼルス 3ー2 ツインズ(日本時間23日・ミネソタ)

 ツインズの前田健太投手は22日(日本時間23日)、本拠地でのエンゼルス戦に先発し、4敗目を喫した。今季最長の7回を投げて7安打3失点。大谷翔平投手との2年ぶりの日本人対決は空振り三振、二ゴロ、空振り三振と3打数無安打2三振に抑え「いい勝負ができたと思う」と振り返った。

 前田は初回先頭のフレッチャーを内野安打で出塁させたものの、2年ぶりの対戦となった大谷をストレートで空振り三振に。4回先頭は外角を攻めてニゴロ。5回2死では外角低めのスプリットで空振り三振に仕留めた。

 2年ぶりの日本人対決に3打数無安打2三振で完勝し、試合後は「いい打者だし、1番ホームラン打っている打者なので、楽しみ半分、しっかり抑えたい、抑えないといけないという気持ち半分だった。しっかりといい勝負ができたんじゃないかと思います。読み合いがあったと思うけど、うまく翔平の読みを外せたんじゃないかと思います」と振り返った。

 ただ、5回にメイフィールドに逆転3ランを被弾。今季最長の7回を投げて7安打3失点だったが、チームは敗れて4敗目となり「チームが負けたのでそこに関しては悔しいですけど、自分のピッチング自体はよかったと思う。久々に7回まで投げることができて内容的にはよかった。チームが負けたのは悔しい」と語っていた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY