前田健太「一緒にやりたかった思いある」 田中将&坂本ら侍J同級生へエール

ツインズ・前田健太【写真:小谷真弥】
ツインズ・前田健太【写真:小谷真弥】

2023年の第5回WBC参戦へ意欲「35歳くらいか。行けたら行きたいですね」

 ツインズの前田健太投手が23日(日本時間24日)、東京五輪に臨む野球日本代表「侍ジャパン」にエールを送った。田中将大投手(楽天)、坂本勇人内野手(巨人)ら同級生がチーム最年長。「一緒にやりたかった思いもあります。僕らが一番上ですよね? 時代を感じるというか、代表でも上の方なんだなと不思議な感じがします。僕たちの世代が引っ張っている代表になっているので楽しみだと思います」と心待ちにした。

 東京五輪の開会式はテレビで少し見たという。侍ジャパンには金メダルが期待されている。「もちろん(金メダルを期待します)。緊張しますね。見る方が緊張しますね」と語った。今年3月に開催される予定だった第5回WBCは2023年に予定されている。「去年だったら選ばれる可能性があったんですけどね。2023年は何歳だ。35歳くらいか……。怪しいですね。まあまあ、行けたら行きたいですね」と前を向いた。

 前日22日(同23日)の本拠地・エンゼルス戦では今季最長7回を投げて7安打3失点。この日、グラウンドではキャッチボールなどで調整した。

(小谷真弥 / Masaya Kotani)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY