菊池雄星、自己最多12奪三振の6回3失点 7勝目お預けもマ軍は連敗を2でストップ

アスレチックス戦に先発したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
アスレチックス戦に先発したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

同点の7回2死三塁から相手の暴投で勝ち越しに成功

■マリナーズ 4ー3 アスレチックス(日本時間24日・シアトル)

 マリナーズの菊池雄星投手が23日(日本時間24日)、本拠地でのアスレチックス戦に先発し6回6安打3失点、自己最多12奪三振の力投。勝敗は付かなかったが試合は4-3でマリナーズが勝利し連敗を2でストップした。

 菊池は3点リードで迎えた3回に先頭チャップマンに右翼席へソロ、4回にも1死からオルソンにソロを浴び1点差に詰め寄られる。さらに5回は2死一塁からキャンハに左翼線へ適時二塁打を浴び同点に追いつかれた。

 それでも6回はオルソンを一ゴロ、ラウリー、ラウレアーノを連続三振に仕留め、自己最多の12奪三振をマークしこの回で降板。チームは同点の7回2死三塁から相手の暴投で勝ち越しに成功し、勝利を手にした。

 これで菊池は今季18試合に登板し7勝3敗、防御率3.95となった。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY