大谷翔平、4戦ぶりマルチで快勝に貢献 休養明けで183km二塁打&右越え二塁打

「2番・DH」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
「2番・DH」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

左腕サンドバルは9回1死で初安打を許すも9回途中1安打1失点

■エンゼルス 2ー1 ツインズ(日本時間25日・ミネソタ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、敵地のツインズ戦で「2番・指名打者」で2試合ぶりに先発出場し、4試合ぶり今季27度目のマルチ安打をマークした。初回の第1打席で右中間二塁打を放って先制劇を演出。8回の第4打席では右越え二塁打を放ち、4打数2安打で打率.274となった。チームは左腕サンドバルが9回途中まで無安打に抑える好投。2-1で勝利し、借金1とした。

 休養明けの大谷が躍動した。初回1死、右腕ベリオスの外角シンカーを右中間へ打ち返した。打球速度113.8マイル(約183.1キロ)の弾丸二塁打となった。続くアップトンの打席では遊撃・シモンズの野選と二塁・ポランコの送球エラーで先制のホームへ。この回2点の先制劇を演出した。

 3回先頭は空振り三振。6回先頭は遊ゴロに倒れたが、8回2死では左腕シールバーから右越え二塁打を放った。前日23日(同24日)の同戦は今季3度目の欠場。2試合ぶりの先発出場で4試合ぶりの複数安打を記録し、復調を印象づけた。

 チームは左腕サンドバルが9回1死でロッカーに初安打となる右翼線二塁打を許した。ノーヒットノーランはならなかったが、チームを勝利へ導いた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY