大谷翔平、泥んこ5勝目&先制打&盗塁に指揮官ニンマリ MVP争いは「接戦ですらない」

試合後の会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)
試合後の会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)

マドン監督が予想するMVP争い「接戦だと言う人もいるがそんなことはない」

■エンゼルス 6ー2 ロッキーズ(日本時間27日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が26日(日本時間27日)、本拠地でのロッキーズ戦で、米シーズン自己最多となる今季5勝目を挙げた。「2番・投手」で出場し、7回5奪三振無四球、5安打1失点。打撃では初回に先制タイムリー。投打の躍動にジョー・マドン監督は試合後の会見で「投打で活躍することが自分の仕事だと強く感じている。彼が投打同時出場を望む大きな理由はチームに貢献したいと思っているからだ。それができると分かっているからだ」と語った。

 抜群の安定感を見せた。4回2死一、二塁のピンチでは、ジョーを一飛に。5回1死からヌニェスに右越えソロは浴びたものの、全く崩れず。7回2死の場面では、この日最速の160.5キロでシーズン100奪三振となる空振り三振を奪ってみせた。打者27人に対して99球。防御率3.04となった。

 一方、バットでは初回の第1打席にバットを折りながらも先制タイムリー。さらに今季14個目の盗塁を成功させると、2点目の生還も果たした。4打数1安打1打点で打率.277。ユニホームを真っ黒にしながら走攻守でチームの勝利に貢献した。

 走攻守でインパクトを残した一戦がMVP争いに好影響を与えるかを問われたマドン監督は「他の選手も良いシーズンを送っていることは知っているが、立ち止まって現状を分析してみれば、誰も彼がしていることに近づいてさえいない。群を抜いている。攻撃面の数字を比べてみても、ほとんど全てのカテゴリーでトップ近くにいる。OPSとかパワーとかね」と傑出する打撃面を強調。その上で「そこに投手としての成績が加わるんだ。私からすれば接戦ですらないよ。接戦だと言う人もいるがそんなことはない。彼がしていることはとてもユニークで、他と全然違う。他の誰とも比較できないものだ」と言い切り終始ニヤけが止まらなかった。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY