エンゼルス痛手 強打者ウォルシュが負傷者リスト入り トラウト、レンドンに続く故障禍

エンゼルスのジャレド・ウォルシュ【写真:AP】
エンゼルスのジャレド・ウォルシュ【写真:AP】

今季はここまで97試合出場し、打率.266、22本塁打、67打点

 エンゼルスは28日(日本時間29日)、ジャレッド・ウォルシュ内野手を右肋間筋痛のため10日間の負傷者リスト(IL)に入れたと発表した。27日(同28日)に遡って適用される。代わってマット・サイス内野手がメジャー昇格した。

 ウォルシュは今季97試合出場し、打率.266、22本塁打、67打点をマーク。左の強打者として開幕から打線を牽引し、大谷翔平投手と共に今夏のオールスター戦に初選出されていた。

 すでにエンゼルスは主砲のトラウト、レンドンが負傷者リスト入りしている。強力打線を売りとしているが、しばらくは厳しい戦いが続きそうだ。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY