大谷翔平は「止まることはないだろう」 2試合連発の37号3ランに指揮官はご満悦

会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)

「昨シーズンはムラがあったが、冬場に良いトレーニングを積んできた」

■エンゼルス 8ー7 ロッキーズ(日本時間29日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が28日(日本時間29日)、本拠地のロッキーズ戦に「2番・DH」で出場。2試合連発となる37号3ランを放つなど3打数2安打3打点の活躍でチームの勝利に貢献した。試合後、ジョー・マドン監督も「彼を称賛したい。止まることはないだろう」と絶賛した。

 大谷は2点を追う初回の第1打席では右前打を放ち、2死一、二塁からイグレシアスの左前打で生還。さらに4回2死一、三塁で迎えた第3打席では、右翼席へ打球速度113.1マイル(約182.0キロ)の弾丸ライナーで飛び込む37号3ランを放った。

 大きなスランプもなくシーズンを通し結果を残す大谷の打撃に、マドン監督は「昨シーズンはムラがあったが、冬場に良いトレーニングを積んできた。いつも打てるわけではないが、あのようなスイングはダメージを与えることができる」と称えた。

 ここまで本塁打王争いではリーグ2位のゲレーロJr.に5本差を付け、打点もリーグトップに1差に迫る81打点をマークしており「彼を称賛したい。止まることはないだろう。すでに81打点、37本塁打だったかな? 多くの選手にとっては2年間でも良い成績だ」と、最後まで賛辞を惜しまなかった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY