大谷翔平「もちろんタイトル取りたい」 弾丸37号&2安打4打点で2冠王も射程圏

会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)

2戦連発は今季7度目、本塁打&打点の打撃2冠王も見えた

■エンゼルス 8ー7 ロッキーズ(日本時間29日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、本拠地のロッキーズ戦で2試合連発となる弾丸37号3ランを放った。「2番・指名打者」で先発出場し、4回の第3打席で一時逆転弾。大谷は「いいところで今日は打てたので。特に嬉しいかなと思います。センターを中心に。シングルでもいいですし、とにかく点を取りたいなという気持ちでいった。結果、本塁打になってくれたので、すごい良かったんじゃないかと思います」と振り返った。

 勝負強さを発揮したのは、2点を追う4回2死一、三塁だった。3番手右腕ティノコから右越えへ弾丸ライナーを突き刺した。打球速度は113.1マイル(約182.0キロ)。2試合連発は2021年7月9日(同10日)のマリナーズ戦以来、今季7度目通算12度目だ。

 初回1死では右前打。内野シフトで狭い一、二塁間を破る一打で出塁し、同2死一、二塁からイグレシアスの左前打で生還した。3試合ぶり今季29度目のマルチ安打とした。3回先頭は四球で出塁し、6回先頭は見逃し三振。同点の8回1死一塁は四球を選んで、ゴセリンの勝ち越し打を呼び込んだ。

 本塁打王争いではリーグ2位のブルージェイズ・ゲレーロJr.に5本差と独走。シーズン59発ペースだ。また今季81打点とし、リーグトップ82打点のレッドソックス・デバースに1点差に迫った。打撃タイトル争いについて、大谷は「いい位置にいるので、もちろん取りたいなという気持ちは誰しもそこら辺にいればあると思います。ただ、他の選手ももちろん素晴らしい打者ばかり。とにかく勝てるように、まずはそこにしっかり集中していけば、自ずといい結果が生まれると思っています」と前を向いていた。

(小谷真弥 / Masaya Kotani)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY