大谷翔平、今季4度目の1試合3四球と勝負避けられる シーズン15盗塁もエ軍完封負け

今季15個目の盗塁を決めたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
今季15個目の盗塁を決めたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

5回に今季15個目の盗塁、7月末までの37発&15盗塁はメジャー初の快挙

■アスレチックス 4ー0 エンゼルス(日本時間30日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地のアスレチックス戦で「2番・指名打者」で先発出場し、今季4度目の1試合3四球を記録した。1打数無安打3四球で打率.279。チームは0-4で完封負けを喫し、勝率5割に逆戻りした。

 剛腕モンタスと対戦した初回1死は際どいコースを攻められ、外角スライダーに見逃し三振。3回2死二塁、5回2死、8回1死と3打席連続で四球で歩かされた。それでも、5回2死一塁では今季15個目の盗塁をマーク。球団によると、35本塁打&15盗塁以上は球団延べ5人目。そのうち2014年トラウト、2004年ゲレーロ、1979年ベイラーがMVPを受賞している。

 また、ESPNスタッツ&インフォによると、37本塁打&15盗塁を7月末までに記録したのはメジャー史上初の快挙だという。記録づくめの盗塁となったが、勝ちにはつながらなかった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY