大谷翔平、「2番・DH」で先発出場 球宴右腕バシットから2試合ぶり38号なるか

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

本塁打王争いはキング独走4本差、打点トップに2点差

■エンゼルス ー アスレチックス(日本時間31日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間31日・試合開始10時38分)、本拠地・アスレチックス戦に「2番・指名打者」で先発出場する。2試合ぶり38号本塁打が飛び出すか注目される。

 前日29日(同30日)の同戦では今季4度目の1試合3四球と勝負を避けられた。ここまで両リーグ最多37本塁打で、リーグ2位のブルージェイズ・ゲレーロJr.と4本差。打点ではリーグトップ83打点のゲレーロJr.と2点差だ。

 アスレチックスは右腕クリス・バシットが先発する。今季は21試合登板し、10勝3敗、防御率3.46。大谷は今季7打数2安打の打率.286、1打点、1四球3三振。通算では19打数3安打の打率.158、1本塁打、2打点、2四球8三振となっている。

【エンゼルス】
1(二)フレッチャー
2(指)大谷翔平
3(一)ゴセリン
4(左)アップトン
5(捕)スタッシー
6(中)マーシュ
7(遊)イグレシアス
8(右)イートン
9(三)メイフィールド
投手 サンドバル

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY