巨人、東京ドームでのワクチン接種事業を発表 文京区、新宿区、港区と合同で

巨人は東京ドームでのワクチン接種事業を発表
巨人は東京ドームでのワクチン接種事業を発表

東京ドームを無償で提供し、34日間で約3万5000人の2回接種を想定

 巨人は2日、東京・文京区、新宿区、港区の3区が8月16日から東京ドーム内野2階コンコースにおいて、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種事業を合同で実施すると発表した。複数の大規模自治体が地域の医科大・大学付属病院、企業、法人などの協力を得て合同接種を行うのは、全国でも例のない事業となる。

 巨人は5月にヤクルトと「後楽園・神宮外苑における新型コロナウイルス地域対策協議会」を設立。この枠組みを活用し、自治体と民間が連携して街ぐるみで感染対策に取り組んでいく。巨人と読売新聞社、東京ドーム、三井不動産の4社が東京ドームを無償提供し、会場の運営についても全面的に協力する。巨人は、東京ドームを接種会場として提供することにより、ワクチンの接種率の向上に貢献し、地域の文化的公共財としての責任と役割を果たしていくとしている。

 実施期間は8月16日から11月18日までのうち、34日間。プロ野球の平日ナイター開催日の試合前(午前9時~午後2時)を中心に実施する。時間帯によっては、試合前練習を見学することもできるという。接種対象者は、接種券を所持している文京区、新宿区、港区在住者。予約は3区とも、8月10日から各区役所の専用サイト・コールセンターで受け付ける。1日2千数百人を受け入れ、34日間で約3万5000人が2回接種することを想定している。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY