大谷翔平、来季開幕戦は4月1日アスレチックス戦 本拠地開幕は8日アストロズ戦

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

2022年のシーズン日程発表、5月下旬から東海岸での対戦続き「タフな期間」

 大リーグ機構(MLB)は4日(日本時間5日)、2022年シーズンの日程を発表した。来年3月31日(日本時間4月1日)開幕で、大谷翔平投手が所属するエンゼルスは敵地でアスレチックスとの開幕戦を迎える。本拠地開幕は4月7日(同8日)のアストロズ戦となる。

 エンゼルスは、開幕後の19試合のうち、17試合は同地区球団との対戦。5月下旬から6月にかけてブルージェイズ戦、ヤンキース戦、フィリーズ戦、レッドソックス戦、メッツ戦と東海岸の球団との対戦が続き、その後にドジャースとのフリーウェイシリーズを迎える。MLB公式サイトでは「タフな期間」になるとしている。

 日本人選手所属チームの開幕カードでは、澤村拓一投手のレッドソックスは本拠地でのレイズ戦、菊池雄星投手のマリナーズは本拠地でのタイガース戦、有原航平投手のレンジャーズは本拠地でのヤンキース戦、前田健太投手のツインズは敵地でのホワイトソックス戦となった。

 一方ナ・リーグでは、ダルビッシュ有投手のパドレスは本拠地でのジャイアンツ戦、秋山翔吾外野手のレッズは本拠地でのカブス戦、筒香嘉智外野手のドジャースは本拠地でのロッキーズ戦を迎える。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY