韓国野球は「井の中の蛙だった」 痛恨の敗戦&メダルなしに地元メディアが悲嘆

ドミニカ共和国に敗れた韓国ナイン【写真:AP】
ドミニカ共和国に敗れた韓国ナイン【写真:AP】

韓国はドミニカに敗れて銅メダル獲得ならず

■ドミニカ共和国 10ー6 韓国(7日・3位決定戦・横浜)

 東京五輪の野球競技は7日、横浜スタジアムで3位決定戦が行われ、ドミニカ共和国代表が韓国代表を10-6で下し、同国初のメダルとなる銅メダルを獲得した。2008年の北京五輪で金メダルに輝いていた韓国代表は痛恨のメダルなしに。この結果に韓国メディアからは「横浜の惨事」「『井の中の蛙』に転落」と厳しい評価が相次いだ。

 北京五輪に続く金メダルを目指した韓国は準決勝で野球日本代表「侍ジャパン」に敗戦。3位決定戦に回ることになり、この日ドミニカ共和国代表と戦った。初回にドミニカに4点を先制されるも、その差を詰めると5回に逆転に成功。1点リードのまま逃げ切りを図った。

 だが、8回に登板した元阪神のオ・スンファンが大誤算だった。自身の暴投で同点に追い付かれると、元巨人のフランシスコに左中間を破る勝ち越しの2点適時打。さらにミーゼスには左翼スタンドへの2ランを浴び、この回大量5失点で試合を決められた。

 メダル獲得を逃した韓国代表に地元の韓国メディアから厳しい評価が。聯合ニュースは「『井の中の蛙』に転落した韓国野球のみすぼらしい敗退」と伝え、記事の中では「韓国野球の実力はマイナーリーグの2Aに過ぎない『井の中の蛙』だった」と断じた。

 また韓国メディア「OSEN」は「東京大惨事」と題して試合結果を速報。「MKスポーツ」は「横浜の惨事」とレポートし、他にも「悪夢の8回」などと、オ・スンファンがつかまった8回の守りを嘆く記事もあった。

(Full-Count編集部)

RECOMMEND

CATEGORY