「毎試合欲しい」「永遠にこれを」大谷翔平、守備だけに密着した“専用カメラ”が反響

右翼守備に就いたエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
右翼守備に就いたエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

地元放送局「バリースポーツ・ウエスト」が右翼守備に就く大谷だけのワイプを表示

■ドジャース 8ー2 エンゼルス(日本時間9日・ロサンゼルス)

 エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、敵地でのドジャース戦の8回に代打で出場。四球を選び、その後は右翼の守備に就いた。地元放送局は試合中にワイプを作成し“大谷専用カメラ”で一挙手一投足を追った。これにはファンも「とうとう大谷カメラ導入」「永遠にこれをやって」と大反響だった。

 快音は響かなかったが大谷への注目度は不変だった。2-8で迎えた8回2死二、三塁の場面でマドン監督は代打・大谷を選択。左腕・ブルールに対しフルカウントから四球を選んだ。その裏の守備では右翼のポジションに就いたが守備機会は訪れなかった。

 地元放送局「バリースポーツ・ウエスト」は大谷が守備に就くと、画面の半分を使い大谷専用のワイプを表示。1イニングのみの守備姿に“密着”した。この様子を同局ツイッターでも公開するとファンからは「視聴オプションに出来ないかな?」「毎試合欲しい」「気に入った!」「とうとう大谷カメラ導入」「永遠にこれをやって!」と、今後も熱望する声が多く上がっていた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY