激闘終え“敵→友”になった「素晴らしい写真」 日米同僚3ショットが「最高すぎます」

東京五輪に出場したスコット・マクガフ(左)と山田哲人【写真:Getty Images】
東京五輪に出場したスコット・マクガフ(左)と山田哲人【写真:Getty Images】

燕マクガフが同僚の金メダルを称える投稿「君たちのことを嬉しく思う」

 東京五輪・野球競技の決勝で、激闘を演じた日本と米国。普段は同じチームで戦いながら、この時ばかりは敵同士となった選手たちもいた。しかし、戦いが終われば健闘を称え合う“友”に。米国代表のスコット・マクガフ投手がツイッターで公開した“ヤクルト3ショット”には、ファンから「素晴らしい写真」「御三方ともめっちゃいい笑顔や」と称賛の声が上がっている。

 マクガフは投稿で「金メダル獲得おめでとう、侍ジャパン。新しいメダルを楽しんで、ヤマダ、ムラカミ! 君たちのことを嬉しく思うよ」とのメッセージを添え、1枚の写真を投稿。金メダルを首に下げた同僚の村上宗隆、山田哲人両内野手と肩を組んだマクガフは、中央でおだやかな笑みをたたえている。

 手に汗握る戦いを繰り広げた後の清々しい表情に、多くのファンが反応。スワローズが世界に誇る3人 最高すぎます」「マクガフ投手、ナイスガイですね」「いい写真」「すごく良い写真で、なぜか少し安心」などとコメントが寄せられていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY