大谷翔平、ゲレーロJr.と直接対決へ MVP争いへの“影響”に米注目「変化を呼ぶ可能性」

エンゼルス・大谷翔平(左)とブルージェイズのゲレーロJr.【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平(左)とブルージェイズのゲレーロJr.【写真:Getty Images】

エンゼルスはブルージェイズと11日から4連戦、大谷は13日に先発予定

 エンゼルスは10日(日本時間11日)からブルージェイズと4連戦を行う(日本時間11日はダブルヘッダー)。最も注目されるのはリーグトップの37本塁打をマークしている大谷翔平投手と、35本塁打で2位につけるブラディミール・ゲレーロJr.内野手の動向だろう。特に12日(同13日)は大谷の先発が予定されており、本塁打王を争う2人の直接対決が実現する。大谷ファンを公言しているFOXスポーツのアナリスト、ベン・バーランダー氏は両者の対決は今季のMVPレースの行方に大きな影響を及ぼす可能性があると述べている。

 バーランダー氏はカナダのラジオ局「Sportsnet 590 The FAN」に出演。大谷とゲレーロJr.が争うとみられる今季のア・リーグMVPについて「現時点ではオオタニの(二刀流での)活躍があるので、彼がMVPレースでリードしていると確かに思っています」と指摘。さらに以下のように続けた。

「しかし、一部の人が考えているほどその差は大きいとは思っていません。このシリーズはとてつもなく大きな変化を呼ぶ可能性があります」

 バーランダー氏は「総合的に見れば、数試合の結果はそこまで(MVPレースに)影響しないでしょう」とした上で、直接対決でゲレーロJr.が大谷から本塁打を放つなど鮮烈なインパクトを残せば、MVP投票者の印象に残る事象になる可能性があると語っている。果たして両軍が相まみえる4試合はどんな結果になるだろうか。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY