大谷翔平、2冠ライバル・ゲレーロJr.と直接対決 Wヘッダー第1打席は野選

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

ブルージェイズとのWヘッダー第1試合で「2番・DH」で先発出場

■ブルージェイズ ー エンゼルス(日本時間11日・ダブルヘッダー第1試合・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、本拠地で行われたブルージェイズとのダブルヘッダー第1試合で「2番・指名打者」で先発出場した。本塁打、打点のタイトルを争うブラディミール・ゲレーロJr.内野手との“直接対決”。初回の第1打席は野選だった。

 初回無死一塁。左腕マッツのシンカーを二塁へ打ち返し、二塁セミエンの野選と悪送球を誘った。フレッチャーの三盗で無死一、三塁のチャンスを作ったが、続くゴセリンは空振り三振。イグレシアスはニゴロ併殺打に倒れた。無得点に終わった。

 大谷は6日(同7日)からの敵地・ドジャース3連戦は指名打者制がなく代打での出場。本塁打は7月28日(同29日)の本拠地ロッキーズ戦が最後で、今季最長の11試合連続ノーアーチとなっている。久々のアーチは飛び出すのか注目だ。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY