大谷翔平、好機で敬遠四球も二盗&ダメ押し生還 ゲレーロJr.は無安打、エ軍快勝

6点目のホームを踏んだエンゼルス・大谷翔平(右)【写真:AP】
6点目のホームを踏んだエンゼルス・大谷翔平(右)【写真:AP】

ダブルヘッダー第1試合は3打数無安打1四球、打率.267

■エンゼルス 6ー3 ブルージェイズ(日本時間11日・ダブルヘッダー第1試合・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、本拠地で行われたブルージェイズとのダブルヘッダー第1試合で「2番・指名打者」で先発出場した。3打数無安打1四球で6試合連続無安打となった。打率.267。チームは6-3で競り勝ち、貯金1とした。

 本塁打、打点のタイトルを争うブラディミール・ゲレーロJr.内野手との“直接対決”。初回無死一塁は二塁・セミエンの野選と悪送球。3回1死は見逃し三振に倒れ、5回先頭は右飛に打ち取られた。

 1点リードの6回2死三塁では申告敬遠で歩かされ、本拠地ファンはブーイングを浴びせた。敬遠四球は今季8個目。続くゴセリンの打席で今季16個目の盗塁となる二盗を決め、ゴセリンの左前打で6点目のホームを踏んだ。3日(同4日)の敵地・レンジャーズ戦の第4打席から16打席連続無安打となった。ダブルヘッダー第2試合も「1番・指名打者」で先発出場する。

 ゲレーロJr.は見逃し三振、右直、空振り三振、空振り三振。4打数無安打に終わった。5回の守備ではアデルの平凡なフライを見失って2点タイムリーエラー。攻守で精彩を欠いた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY