ゲレーロJr.、Wヘッダー第2試合で先制タイムリー 打点トップ独走、大谷に6点差

ブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.【写真:Getty Images】
ブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.【写真:Getty Images】

Wヘッダー第1試合は4の0、第2試合の第1打席で先制の右前適時打

■エンゼルス ー ブルージェイズ(日本時間11日・ダブルヘッダー第2試合・アナハイム)

 ブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.内野手が10日(日本時間11日)、敵地で行われたエンゼルスとのダブルヘッダー第2試合で「2番・一塁」で先発出場。初回の第1打席で先制タイムリーを放った。

 初回無死二塁。左腕スアレスの内角フォーシームを詰まりながらも右前へ落とした。ダブルヘッダー第1試合は4打数無安打に終わったものの、第2試合では先取点を呼び込んだ。

 打点王争いではリーグ2位のホワイトソックス・アブレイユに4点差。リーグ4位のエンゼルス・大谷翔平に6点差を付けた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY