「ショウヘイ・ザ・マネー」 大谷翔平38号、名物解説も絶叫再始動「なんてスイング」

38号2ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
38号2ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

名物解説・グビザ氏「なんてスイングでしょう!」

■ブルージェイズ 10ー2 エンゼルス(日本時間12日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地・ブルージェイズ戦で「1番・指名打者」で先発出場し、3回の第2打席で14試合ぶりの38号2ランを放った。本塁打のタイトルを争うブラディミール・ゲレーロJr.内野手との“直接対決”で3本リードとした。

 2点を追う3回1死一塁、右腕・マノアから両リーグトップを走る中越え38号2ラン。一時同点に追いつく勝負強い一振りだった。リーグ2位35本塁打のゲレーロJr.の前で3本リード。地元放送局「バリースポーツ・ウエスト」の名物解説マーク・グビザ氏は「ショウヘイ・オオタニ! ショウヘイ・ザ・マネー!」と大興奮。実況リッチ・ワルツ氏も声を弾ませた。

解説「低めのスライダーをセンターど真ん中へ運びました! なんてスイングでしょう! 体をしっかり残して非常に上手くバランスをとっていました」

解説「信じられません! ショウヘイ・オオタニが、ショウヘイ・オオタニのTシャツが配布される日にホームラン!」

実況「Tシャツに写ったたくさんのオオタニが彼のことを見ていましたね(笑)」

 この日、来場者先着1万4000人に大谷の“顔だらけTシャツ”が配布された。その一戦でのアーチに地元放送局も大喜びだった。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY