「音が別格」「ロケット」大谷翔平、茂みに放り込んだ“お目覚め弾”にファン歓喜

38号2ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
38号2ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

リーグ2位のゲレーロJr.とは3本差、待望の一発にファン「長い間待っていたよ」

■ブルージェイズ 10ー2 エンゼルス(日本時間12日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が11日(日本時間12日)、本拠地でのブルージェイズ戦で14試合ぶりの一発となる38号2ランを放った。バックスクリーンの茂みに放り込む“ご無沙汰弾”に、ファンも歓喜。「なんてマシーンだ」「ロケット」「音が別格」などと驚きの声が寄せられている。

 2点を追う3回1死一塁の場面で、大谷が放物線を描いた。8月初アーチは、打球速度は105.6マイル(約169.9キロ)、413フィート(約125.9メートル)。本塁打王争いで再加速し、リーグ2位・35本塁打のゲレーロJr.とは3本差となった。

 お目覚めの一撃を、MLB公式ツイッターが「ショウヘイが茂みに打ち込んだ」と動画で公開。待望の38号に、ファンからは「久々だね!」「おかえりなさいMVP」「長い間待っていたよ」「彼のスイングの仕方大好き」と歓迎のコメントが相次いでいた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY