大谷翔平、驚異の投打“チーム14冠” 勝利数、防御率、本塁打、打点、盗塁などトップ

ブルージェイズ戦に先発し今季7勝目を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
ブルージェイズ戦に先発し今季7勝目を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷は6回3安打2失点の好投でチームトップタイの7勝目をマーク

 エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、本拠地でのブルージェイズ戦に「1番・投手」で出場。投げては6回2失点で今季7勝目、打っても3打数1安打1四球の大活躍。防御率、本塁打、打点、奪三振など投打で“チーム14冠”の成績となっている。

 本塁打王を争うゲレーロJr.との直接対決に注目が集まった1戦。投げては6回3安打2失点、6奪三振の快投で自身6連勝となる7勝目を挙げ、打撃も初回の第1打席で中越え二塁打と投打でチームを牽引した大谷だが、チーム内での成績も規格外だ。

 この日の7勝目でチーム最多タイとなり、防御率2.93、92イニング、112奪三振、さらに打撃でも38本塁打、16盗塁、84打点、54四球、77得点、二塁打25本、三塁打5本、出塁率.363、長打率.655、OPS1.017がチームトップ。投手、野手で“チーム14冠”とその活躍ぶりが如実に表れている。

 大谷は試合後、ゲレーロJr.との勝負を「楽しかったですね。ブルージェイズ打線の全体的に言えるが、いい打者が多い。その中で中軸を打っている選手はトップクラス。楽しかったです」と振り返っていた。打って、投げて、走って、チームNo1の成績を残す二刀流に今後も目が離せない。

○大谷翔平、投手&野手“チーム14冠”の内容

【投手】
防御率 2.93
勝利数 7勝
イニング 92回
奪三振 112個

【野手】
本塁打 38
二塁打 25
三塁打 5
打点 84
得点 77
四球 54個
盗塁 16個
出塁率 .363
長打率 .655
OPS 1.017

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY