「最も尋常じゃないシーズンだ」大谷翔平の先頭打者39号に米メディア衝撃

39号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
39号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

先頭打者弾は自身2本目、エンゼルス左打者のシーズン39発は球団タイ記録

■エンゼルス ー アストロズ(日本時間15日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、本拠地・アストロズ戦で「1番・指名打者」で先発出場し、メジャー自身2本目の初回先頭打者弾となる39号本塁打を放った。米メディアは衝撃をもって速報した。

 初回先頭、今季8勝・ガルシアから両リーグトップを走る39号ソロ。6月25日(同26日)の敵地・レイズ戦以来の先頭打者弾だ。本塁打王争いではリーグ2位35本塁打のゲレーロJr.に4本差。エンゼルス左打者のシーズン39本塁打は1982年レジー・ジャクソンに並ぶ球団タイ記録となった。

 大谷の先頭打者弾に米メディアも衝撃。FOXスポーツでアナリストを務めるベン・バーランダー氏は「ショウヘイ・オオタニが39号。40号まであとたった1本。これは史上最も尋常じゃないシーズンだ」とツイートした。打球速度107.8マイル(約173.5キロ)で、あっという間に右翼席へ消えた。米メディア「バースツール・スポーツ」のジャレッド・カラビス氏は「ショウヘイ・オオタニの超高速の打球」と伝えた。

 2試合連続の打点で今季86打点。トップ89打点のレッドソックス・デバースに3点差に迫った。40号到達にも期待したいところだ。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY