大谷翔平、快足内野安打&中前打で2戦連続マルチ 積極果敢な好走塁で同点機演出

マルチ安打の活躍を見せるエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
マルチ安打の活躍を見せるエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

本拠地アストロズ戦で「1番・指名打者」で先発出場

■エンゼルス 3ー1 アストロズ(日本時間16日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地・アストロズ戦で「1番・指名打者」で先発出場した。初回の第1打席で一塁内野安打を放つと、5回の中前打で同点劇を演出した。2試合連続マルチ安打をマークした。

 6試合連続1番スタメン。初回先頭、右腕マッカラーズJr.の内角高めシンカーを振り抜いた。一塁・グリエルへの強烈な打球。ベースカバーに入ったマッカラーズJr.と競争となった。マッカラーズJr.はグリエルの高く浮いた送球を捕球したが、一塁ベースを踏み切れず。大谷は素早く一塁を駆け抜け、記録は「一塁内野安打」となった。

 2回2死満塁は空振り三振に倒れた。5回1死一塁では中前打を放ち、一塁走者・メイフィールドが三塁へ。中堅・マコーミックの三塁送球の間に二塁へ進む好走塁を見せた。チームは続くフレッチャーの遊ゴロの間に同点に追いついた。

 その後エンゼルスは6回に勝ち越すと、リリーフ陣が踏ん張り3-1で逆転勝ち。大谷は4打数2安打で打率.271に上げた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY