DeNAドラ1入江、右肘のクリーニング手術終了「早くチームに貢献できるように」

DeNA・入江大生【写真:荒川祐史】
DeNA・入江大生【写真:荒川祐史】

昨秋ドラフト1位右腕は開幕4連敗、2軍再調整となっていた

 DeNAは16日、ドラフト1位の入江大生投手が横浜市内の病院で右肘のクリーニング手術を行い、無事終了したと発表した。今後はリハビリしていく。

 入江は明大から昨秋にドラフト1位でDeNA入り。即戦力右腕として開幕ローテ入りしたものの、開幕4連戦を喫した。4月23日に1軍の出場選手登録を抹消されていた。今季成績は4試合登板し、0勝4敗、防御率7.85。

 球団を通じて、入江は「何も結果を残せていない中での手術ということになり大変申し訳ないと思っています。しかし、しっかりと怪我を治し1日でも早くチームに貢献できるように精一杯頑張りますので、応援のほどよろしくお願いいたします」とコメントした。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY