「ツツゴウのリベンジゲーム」筒香嘉智、古巣から放った“逆襲の一打”に米注目

二塁打を放ったパイレーツ・筒香嘉智【写真:Getty Images】
二塁打を放ったパイレーツ・筒香嘉智【写真:Getty Images】

9回1死から代打で登場し、守護神・ジャンセンから左翼線二塁打を放つ

■ドジャース 2ー1 パイレーツ(日本時間17日・ロサンゼルス)

 逆襲の一打になるか。パイレーツに移籍した筒香嘉智外野手が16日(日本時間17日)、敵地・ドジャース戦の9回に代打で出場し移籍初打席で左翼線二塁打を放った。古巣相手に放った長打に米メディアも「ツツゴウのリベンジゲーム」と今後の活躍に注目している。

 レイズ、ドジャースと“2度の戦力外”を味わった男が復活の狼煙を上げた。筒香の出番は1点を追う9回1死。代打で登場すると守護神・ジャンセンが投じた4球目の外角シンカーを逆らわずに左翼線へ。打球速度101マイル(約162.5キロ)の強烈な打球を放ち二塁打をマークした。

 通算336セーブを誇る右腕から放った一打にはシェルトン監督も「相手は素晴らしい抑え投手だ。左翼線に運んだ。良い打席だった」と称賛するほどだった。

 古巣相手に強烈な一打を放った筒香をMLB公式サイトの編集プロデューサー、エイドリアン・ガロ氏も「ヨシ・ツツゴウのリベンジゲーム」と称えると、地元メディア「サザンカリフォルニア・ニュースグループ」のダミアン・カルフーン記者も「ツツゴウのリベンジ」と注目していた。

 筒香のメジャーでの安打はドジャース時代の5月26日(同27日)の敵地・アストロズ戦以来82日ぶり。ドジャース傘下3Aでは8月に打率.378、2本塁打11打点と好調だった打撃を新天地でも発揮した形となった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY