大谷翔平は「一瞬も無駄にしない」 電光石火の先制生還に米記者唖然「明日投げるんだぜ」

初回に二盗を決めたエンゼルス・大谷翔平(下)【写真:AP】
初回に二盗を決めたエンゼルス・大谷翔平(下)【写真:AP】

回初球を中前打→二盗→中前打で生還した

■タイガース ー エンゼルス(日本時間18日・デトロイト)

 エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、敵地でのタイガース戦に「1番・指名打者」で先発出場した。初回の第1打席で初球を捉えて中前打を放つと、すかさず今季18個目の盗塁となる二盗に成功。その後、マーシュの安打で先制のホームを踏んだ。大谷による“電光石火”の先制点に米記者は驚きの声をあげている。

 タイガースの右腕マイズの初球を捉えた打球は99.9マイル(約160.8キロ)の強烈なライナーで中前に転がる。続くフレッチャーの打席で二塁を陥れて、2死一、二塁からマーシュの中前打で生還。1番打者としての仕事を見事にこなした大谷に米記者は改めて感嘆したようだ。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のタイガース番、コディ・シュターフェンハーゲン記者は「試合開始から1分。ショウヘイ・オオタニはすでに安打と盗塁を記録している」と自身のツイッターに綴った。

 他にも地元メディア「MLiveメディア・グループ」のタイガース番、エバン・ウッドベリー記者は「ショウヘイ・オオタニがケイシー・マイズのこの試合の初球をセンターに弾き返しヒットとした。そしてこの試合の3球目で二盗を決めた。彼は明日投げるんだぜ」、MLB公式のエンゼルス番、レット・ボリンジャー記者は「ショウヘイ・オオタニは一瞬も無駄にせず、試合の初球をスイングし、ヒットとした。打球速度は99.9マイル(約160.8キロ)だ」とそれぞれツイートした。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY