大谷翔平、シフトに屈しず右前打 登板から“中半日”で3戦連続安打、41号に期待

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

敵地タイガース戦に「1番・DH」で先発出場

■タイガース ー エンゼルス(日本時間20日・デトロイト)

 エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、敵地・タイガース戦で「1番・指名打者」で先発出場した。3回の第2打席で右前打を放ち、3試合連続安打をマークした。2試合連発となる41号本塁打に期待がかかる。

 今季メジャーデビューした右腕マニングと対戦した。初回先頭は右飛に倒れたが、5点ビハインドとなった3回先頭で捉えた。94.8マイル(約152.6キロ)の内角フォーシームを右前へ。シフトで二塁後方を深く守っていた二塁・カストロの頭を越えた。10試合連続の1番スタメン。この10試合で無安打だったのは1試合だけと好結果を出している。

 前日18日(同19日)の同戦では「1番・投手」で投打同時出場し、8回8奪三振無四球、6安打1失点で今季8勝目を挙げた。バットでは8回に両リーグ最速40号ソロを放ち、4打数1安打1打点。試合前まで、本塁打王争いではリーグ2位35本塁打のブルージェイズ・ゲレーロJr.に5本差。打点王争いではリーグトップに2点差で追っている。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY