筒香嘉智、待望の今季1号に地元メディアも大興奮「ヨシの特大弾」「ヨシ!」

今季初ホームランを放った筒香嘉智【写真:Getty Images】
今季初ホームランを放った筒香嘉智【写真:Getty Images】

9回に代打で右翼越えのダメ押しソロ、チームの連敗「5」で止める

■パイレーツ 4ー0 カージナルス(日本時間21日・セントルイス)

 パイレーツの筒香嘉智外野手が20日(日本時間21日)、敵地でのカージナルス戦の9回に代打で出場。待望の今季第1号となる右翼越えのソロを放った。チームの連敗を「5」で止めるダメ押し弾に、地元メディアも大興奮で伝えた。

 3点リードで迎えた9回1死走者なしで、代打を告げられた筒香が“一発回答”した。3球目のチェンジアップを振り抜くと、打球は高々と上がって右翼フェンスを越えてカージナルス側のブルペンに着弾。今季1号となり、パイレーツでの初打点も記録。新天地では9打数3安打、打率.333と存在感を見せている。

 地元紙「ピッツバーグ・ポスト・ガゼット」でパイレーツ番を務めるジェイソン・マッキー記者は「ヨシの特大弾。ツツゴウがカージナルスのブルペンに放り込む」とツイート。地元放送局「AT&Tスポーツネット・ピッツバーグ」も「ブーン! ヨシ! 代打HRでパイレーツは9回に4-0!」と興奮気味に伝えた。

 7月からドジャース傘下3Aでプレーしていた筒香は、8月14日(同15日)に自由契約に。しかし、すぐにパイレーツ入りが決まり、新天地デビューとなった16日(同17日)の同カードは9回代打で左翼線二塁打をマーク。さらに翌17日(同18日)には「4番・一塁」で初スタメンを果たし、先頭で迎えた9回に左翼への二塁打を放ち、その後生還を果たした。新天地で躍動し始めた筒香に、米メディアも熱視線を送っている。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY