中日が故・木下雄介投手の追悼試合開催 9月5日のDeNA戦、同日の2軍戦で

8月3日に急逝した中日・木下雄介さん【写真:荒川祐史】
8月3日に急逝した中日・木下雄介さん【写真:荒川祐史】

全員が背番号「98」の特別ユニホーム着用

 中日は23日、9月5日に本拠地バンテリンドームで行われるDeNA戦を、3日に亡くなった木下雄介投手の追悼試合として行うと発表した。当日無観客で行われる2軍阪神戦でも追悼を行う。

 当日の1軍戦では木下さんへの追悼の意として、中日の監督、コーチ、選手全員が背番号「98」の特別ユニホームを着用してグラウンドに立つ。またマウンドにも「98」番の装飾を施して、故人を弔う。試合で使用するNPB公式球もこの日限りの特別仕様とする。

 木下さんは今季開幕前に右肩を脱臼、肩肘の手術を受けてリハビリを行っていた。ただ7月6日の練習中に倒れて入院、3日に死去したと8日に球団が発表していた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY