後ろから聞こえる“大谷翔平コール” 敵軍監督代行も嘆き節「味方だと思ったのに」

「1番・DH」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
「1番・DH」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

ヘール監督代行「ダグアウトの後ろにいたグループがショウヘイ・オオタニに声援を…」

■インディアンス 3ー0 エンゼルス(日本時間23日・ウィリアムズポート)

 エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、ペンシルベニア州ウィリアムズポートで行われた「リトルリーグ・クラシック」インディアンス戦で「1番・指名打者」で先発出場。初回に2試合ぶり安打となる右前打を放ち、2打数1安打2四球で打率.270となった。

 3点を追う8回1死一、三塁。大谷は一発同点の大チャンスで多くのリトルリーガーから「ショウヘイ、ショウヘイ」とコールを受けた。インディアンスのディマーロ・ヘール監督代行は少しショックを受けたようだった。「私たちのダグアウトの後ろにグループがいたんだけど、彼らは実のところショウヘイ・オオタニに声援を送っていたんだ。私たちの味方だと思っていたんだけどなぁ」。

 この日は初回先頭で二塁・ヒメネスのグラブをはじく右前打を放ち、2試合ぶり安打をマーク。1死後に二盗を決めて今季19個目の盗塁をマークした。さらに2四球を選んで1試合3出塁。チームは完封負けを喫したものの、球場に駆けつけたリトルリーガーは大谷のプレーに魅了されたようだ。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY