大谷翔平、5回4失点で9勝目ならず「悔しい」 初の3被弾は「安打が本塁打になっただけ」

会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)

自身初の1試合3被弾も5回7奪三振5安打4失点、打撃は4の0で打率.267

■オリオールズ 10ー6 エンゼルス(日本時間26日・ボルティモア)

 エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地・オリオールズ戦に「1番・投手」で出場したが、今季9勝目はお預けとなった。メジャー初の1試合3被弾したものの、5回7奪三振無四球、5安打4失点と粘投。勝利投手の権利を持って降板したが、8回に救援陣が打たれて勝ち星は消滅した。「打たれているのが本塁打になっているか、なっていないかの違いかなと思います。1、2、3で来る打者が多かった。7回までいけば内容も違かったと思う。5回で終わったのは悔しい」と振り返った。

 ベーブ・ルースの生誕地ボルティモアで初の先発マウンド。初回、マリンズに先頭打者弾を浴びると、2死後、サンタンダーにも右越えソロを被弾した。1イニング2被弾はメジャー初だった。2、3回とゼロに抑えたものの、6-2で迎えた4回無死一塁ではスチュワートに左中間2ランを被弾。1試合3被弾は日米通じて初めてだった。

 1試合4失点以上は7失点した6月30日の敵地・ヤンキース戦以来7登板ぶりだった。救援陣に勝ち星を託したが、1点リードの8回に一挙5失点。フォーシームは最速97.3マイル(約156.6キロ)、防御率3.00となった。打撃では4打数無安打で打率.267。連続試合安打は「2」で止まり、6試合連続で本塁打なしとなった。26日(同27日)はデーゲームでオリオールズ戦、27日(同28日)からは本拠地に戻り、パドレス2連戦を行う。

(小谷真弥 / Masaya Kotani)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY