大谷翔平の41号先頭打者弾も“なおエ” 13失点に指揮官嘆き「投手陣を立て直さないと」

会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)

救援陣が崩れて5回以降に12失点「投手陣全体に問題を抱えている」

■オリオールズ 13ー1 エンゼルス(日本時間27日・ボルティモア)

 エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、敵地・オリオールズ戦で「1番・指名打者」で先発出場し、初回の第1打席で先頭打者弾となる41号を放った。2打数1安打2四球で打率.269。チームは1-13で大敗して2連敗。借金3となった。

 大谷の41号先頭打者弾で先制。4回まで1-1だったが、4番手右腕・ペトリッカが5回に満塁弾を被弾。救援陣が崩れて13失点大敗となった。マドン監督は「グランドスラムを打たれてから良い試合ではなくなった。そこまでは全く問題はなかった。ロードでの連戦の最後の試合であることを考慮しないといけないし、私たちはブルペンや投手陣全体に問題を抱えている」と肩を落とした。

 チームは24日(同25日)のカード初戦から多くのリリーバーを投入した。マドン監督は「もちろん良い結果ではないし、嫌なことだが、そこには様々な理由や事情がある。だから私は怒っていないし、それを投げ捨てようとは思わない。(ロード連戦の)厳しい最終日だった。ブルペン、いや投手陣に関する全てを立て直さないといけない」と語った。このビジター10試合は4勝6敗と負け越した。投手陣再建というチームの課題が改めて浮き彫りとなった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY