「ツ!ツ!ツギョー!」 筒香嘉智の3本目代打弾に現地実況も大興奮&大絶叫

4号2ランを放ったパイレーツ・筒香嘉智(左)【写真:AP】
4号2ランを放ったパイレーツ・筒香嘉智(左)【写真:AP】

日本人初のシーズン3本目の代打弾、1週間で4本塁打

■パイレーツ 11ー7 カージナルス(日本時間27日・ピッツバーグ)

 パイレーツの筒香嘉智外野手が26日(日本時間27日)、本拠地でのカージナルス戦で日本人初となる3本目の代打ホームランを放った。7回に代打で登場すると、無死二塁で右翼スタンドへと4号2ラン。一挙8得点の猛攻を締めくくる一発に現地放送局も「ツ!ツ!ツギョー!」と大絶叫した。

 4点ビハインドの7回に打線が爆発したパイレーツ。レイノルズ、ディフォの適時打などで追いつき、ポランコの適時二塁打で逆転に成功すると、なおも無死二塁で筒香が代打で登場した。カブレラが投じた2球目のフォーシームを捉えると、打球は一直線に右翼スタンドへと突き刺さった。

 この一発には試合を中継した地元テレビ局「AT&Tスポーツネット・ピッツバーグ」の実況グレッグ・ブラウン氏はまたしても「ツ! ツ! ツギョー!」と絶叫。「ツツゴウが右中間深くへかっ飛ばした! デッキを越えた! キャノンボール! ヨシ・ツツゴウがまた代打ホームラン! これで3本目の代打ホームランだ」と捲し立てた。

 23日(同24日)のダイヤモンドバックス戦以来のホームランは、日本人では初となるシーズン3本目の代打本塁打に。これで筒香はパイレーツ移籍後、代打で5試合に出場して4打数4安打3本塁打、驚異の代打率10割。1週間で4本塁打を放つ活躍に解説のボブ・ウォーク氏も「なんて1週間でしょう」と驚愕。ブラウン氏は「カブレラをノックアウトしてシャワー室へと送りました」と伝えていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY