大谷翔平との共演で得る“刺激” 同僚ウォルシュ証言「一緒の夜は何か違うんだ」

エンゼルスのジャレド・ウォルシュ(左)と大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスのジャレド・ウォルシュ(左)と大谷翔平【写真:Getty Images】

先制ソロを含む3安打3打点のウォルシュ「ショウヘイは毎日のようにまた新たな記録を塗り替えている」

 エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、本拠地のパドレス戦で球団史上初の「40本塁打&20盗塁」をマークした。「2番・指名打者」で先発出場し、5回に二盗を記録。41本塁打で本塁打王争いでトップを走る二刀流男がメジャー2年ぶりの快挙を達成した。同僚のジャレッド・ウォルシュ内野手は「ショウヘイは毎日のようにまた新たな記録を塗り替えている」と笑顔で振り返った。

 大谷の快挙達成は5回1死一塁だ。四球で出塁した直後、今季20個目の盗塁となる二盗を決めた。球団史上初となる「40-20(40本塁打と20盗塁)」。メジャーでは2019年アクーニャJr.(ブレーブス)、イエリッチ(ブルワーズ)以来2年ぶり、ア・リーグでは2011年グランダーソン(ヤンキース)以来10年ぶりの快挙となった。先制24号ソロを含む3安打3打点のウォルシュは「ショウと一緒の夜は、いつだって何か違うんだ」。大谷のプレーは間違いなく刺激になっているようだ。

 主砲トラウト、レンドンが戦列を離れる中、アデル、マーシュらが活躍している。「未来は本当に明るいよ。ファンは彼らがプレーするのを見るのを長年楽しめると思うよ」と若手の活躍を期待した。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY