大谷翔平は初の本盗 指揮官はエ軍の走塁意識を称賛「選手が状況を理解」

試合後の会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)
試合後の会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)

エンゼルス6安打も5盗塁を絡めて6得点、3連勝を飾った

■エンゼルス 6ー4 ヤンキース(日本時間1日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は8月31日(日本時間1日)、本拠地・ヤンキース戦で今季2度目のマルチ盗塁をマークした。「2番・指名打者」で先発出場し、4回1死一、二塁で二走・フレッチャーと重盗に成功。メジャー通算50盗塁に到達した。5回2死一、三塁では一走・ゴセリンとの重盗でメジャー初の本盗を決めた。チーム5盗塁で3連勝。ジョー・マドン監督はチームの走塁意識の高さを喜んだ。

 快足でヤンキースを撃破した。1点を追う4回無死一塁、大谷は右腕タイヨンから四球で出塁。1死後、ウォルシュの打席で重盗を決めた。メジャー4年目で通算50盗塁。日本人選手ではイチロー(509盗塁)、松井稼頭央(102盗塁)、青木宣親(98盗塁)に次いで4人目だ。ウォルシュの逆転25号3ランを演出した。

 5回2死二、三塁では敬遠四球で歩かされ、同2死一、三塁から重盗。メジャー初の本盗を決めた。1試合2盗塁は今年5月2日(同3日)の敵地・マリナーズ戦以来メジャー2度目。今季22盗塁に伸ばした。マドン監督はチームの走塁意識の高さを称えた。

「状況をしっかり理解していた選手たちがプレーしていた。(5回の)グース(ゴセリン)とショウヘイはこれ以上ない組み合わせだった。とにかく『意識』。それと試合前の対策レポートも理解すること。それらが組み込まれたプレーだった」

 チームは6安打も5盗塁を絡ませて効果的に6得点。一方のヤンキースは10安打を放ちながらも5本の併殺打でチャンスを生かせなかった。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY