元中日の亀澤恭平が現役引退を発表 ファンへ感謝「優しい言葉も厳しい言葉も力に」

琉球ブルーオーシャンズに所属する亀澤恭平【写真提供:琉球ブルーオーシャンズ】
琉球ブルーオーシャンズに所属する亀澤恭平【写真提供:琉球ブルーオーシャンズ】

明るいキャラクターで多くのファンから愛された“元気印”

 元中日で、琉球ブルーオーシャンズに所属する亀澤恭平内野手が1日、自身のツイッターで8月31日をもって現役を引退することを発表した。「沢山の方々に支えられてここまで野球を続けられた事に本当に感謝しています」と思いを綴った。

 亀澤は投稿で「8月31日をもって引退する事となりました」と報告。チームでは複数の選手が新型コロナウイルスに感染し、複数のコーチや選手による球団規律違反が判明していたが「前から決めていた事で、今回のチームの事とは関係ありません」とも語った。

 その上で、強調したのはファンへの感謝。「僕の生きる糧となったファンの皆様、たくさんの叱咤激励本当にありがとうございました。優しい言葉も厳しい言葉も力に変えてプレーする事が出来ました。最高でした」と思いを吐露した。

 亀澤は環太平洋大から四国アイランドリーグplus・香川をへて、2011年の育成ドラフト2位でソフトバンクに入団。3年間プレーしたのち、2015年に中日に支配下選手として加入した。移籍1年目は107試合に出場するなど、二塁の主力として台頭。1軍通算421試合で打率.265、2本塁打、40打点、25盗塁をマークした。2019年限りで中日を戦力外となり、2020年から本格始動した琉球にコーチ兼任で加入していた。

 中日では持ち前の明るいキャラクターを存分に発揮し、多くのファンから愛された元気印。32歳で現役のユニホームを脱ぐ決断をした。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY