大谷翔平、手でタッチした“本盗”にファン「心配でしょうがない」「怪我せんといて」

本盗を決めたエンゼルス・大谷翔平(左)【写真:Getty Images】
本盗を決めたエンゼルス・大谷翔平(左)【写真:Getty Images】

快足ホームスチールにファンうっとり「彼は私の心を盗んでいきました」

■エンゼルス 6ー4 ヤンキース(日本時間1日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は8月31日(日本時間9月1日)、本拠地でのヤンキース戦でメジャー初の本盗を決めた。快足をとばした走塁で、投手にもかかわらずベースを手でタッチ。ファンからは「スライディングも超一流」と絶賛の声が上がった一方で、「楽しそうで良いんやけどクロスプレーは心配でしょうがない」との本音も漏れた。

 4回1死一、二塁で二走・フレッチャーと重盗に成功し、メジャー通算50盗塁に到達。さらに申告敬遠で出塁した5回に三塁まで進むと、2死一、三塁から一走・ゴセリンと重盗。好スタートを切り、捕手・サンチェスのタッチをかい潜って生還した。足からスライディングしたものの、最後は手でタッチにいく果敢なプレーだった。

 エンゼルス公式ツイッターが「心を盗み、ホームも盗む」とのメッセージを添えて動画で公開すると、ファンは続々と反応。「電光石火のスピード!」「ピッチャーがやるプレーじゃないよね」「彼は私の心を盗んでいきました」「とても綺麗だ」「投げて良し 打って良し 走って良し ……ああ、もう」と驚いた。一方で「怪我せんといてや」との声もあり、喜びながらもファンの内心はヒヤヒヤだったようだ。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY