有原航平、116日ぶりメジャー登板は4回途中1安打1失点好投「ホッとしている」

試合後のオンライン会見に応じたレンジャーズ・有原航平(画像はスクリーンショット)
試合後のオンライン会見に応じたレンジャーズ・有原航平(画像はスクリーンショット)

5月8日のマリナーズ戦以来の復帰戦は3回1/3で3奪三振無四球1安打1失点

■ロッキーズ 9ー5 レンジャーズ(日本時間2日・アーリントン)

 5月に右肩の動脈瘤手術を受けたレンジャーズの有原航平投手が1日(日本時間2日)、本拠地のロッキーズ戦で116日ぶりのメジャー復帰登板を果たした。3回1/3で1安打1失点だった。フォーシームは最速92.2マイル(約148.4キロ)。防御率6.19。「まずは無事に投げられて、すごい嬉しいです。体調はいいですし、ゲームでも落ち着いて投げられたので。ようやく帰ってこられてホッとしているのと、これで次にしっかり臨めるなと思っています」と振り返った。

 上々の復帰戦だ。初回、ブラックモンから空振り三振を奪うなど3者凡退に。2、3回と3人で抑え、3イニングをパーフェクトに抑えた。4回1死からロジャースに中越え11号ソロを浴びたところで降板。3回1/3で3奪三振無四球、1安打1失点。復帰初戦ということもあり、47球(ストライク29球)を投げてマウンドをおりた。「球のキレも良かったと思うんですけど、もう少しスピードが出てきたら良かったかなと思います。コントロールだったり、変化球の精度は自分が思っているよりしっかり投げられたと思います」と振り返った。

 有原は5月8日(同9日)の本拠地マリナーズ戦を最後に離脱し、5月下旬に右肩の動脈瘤治療のため手術を受けた。マイナーで2試合のリハビリ登板を終え、この日の復帰戦となった。「とにかく1イニングでも多く投げてチームの勝利に貢献する。それだけです。思ったより疲れたなと思います」と前を向いていた。

(小谷真弥 / Masaya Kotani)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY