ダルビッシュ、キャリア初の7連敗で今季9敗目 3回途中で今季ワーストタイ6失点

ダイヤモンドバックス戦に先発したパドレス・ダルビッシュ有【写真:AP】
ダイヤモンドバックス戦に先発したパドレス・ダルビッシュ有【写真:AP】

今季最短タイ2回2/3で8安打6失点、防御率4.05

■Dバックス 8ー3 パドレス(日本時間2日・アリゾナ)

 パドレスのダルビッシュ有投手は1日(日本時間2日)、敵地のダイヤモンドバックス戦で3回途中8安打6失点(自責5)。キャリア初の7連敗で今季9敗目(7勝)を喫した。防御率4.05。

 初回2死一、二塁はバンメーターを二ゴロ。2回は1死から走者を出したものの、アウト全てを空振り三振で奪った。しかし、3回に崩れた。1死一塁からスミスの適時二塁打で先制を許すと、自らの暴投で2失点目。バンメーターには右越え2ランを浴びた。1イニング6失点した。2回2/3で76球(ストライク53球)を投げ、1四球3奪三振、8安打6失点(自責5)。2回2/3は今季最短タイで、6失点も今季ワーストタイだった。

 ダルビッシュは6月21日(同22日)の本拠地・ドジャース戦で7勝目を挙げてから勝ち星はなく、72日ぶりの勝利と日本人歴代2位の黒田博樹に並ぶ通算79勝に届かなかった。7月3日(同4日)の敵地・フィリーズ戦から日米通じて初の自身7連敗となった。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY