6失点9敗、自己ワースト7連敗のダルビッシュ…それでも指揮官「ポジティブな兆候」

パドレス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
パドレス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

敵地・ダイヤモンドバックス戦で今季ワーストタイ6失点、9敗目を喫した

■Dバックス 8ー3 パドレス(日本時間2日・アリゾナ)

 パドレスのダルビッシュ有投手は1日(日本時間2日)、敵地のダイヤモンドバックス戦で3回途中8安打6失点(自責5)。キャリア初の7連敗で今季9敗目(7勝)を喫した。防御率4.05。なかなか勝ち星がつかないが、ティングラー監督は「ユウにかなりの信頼を置いている。それはこれからも続いていく。1年通して大きな戦力であり、素晴らしかった。彼への信頼は大きく、それは変わらない」と信頼を口にした。

 3回に崩れた。1死一塁からスミスの適時二塁打で先制を許すと、自らの暴投で2失点目。バンメーターには右越え2ランを浴びた。2回2/3で76球(ストライク53球)を投げ、1四球3奪三振、8安打6失点(自責5)だった。指揮官は「3回に明らかに球数がかさみ、乗り切ることができなかった。どういうわけか、ここ2度の登板では3回が課題になっている。今日は決め球となる球がなかったと思う。相手打線には左打者が多かった。空振りを取れる決め球にいつものキレがなかった」と話した。

 ダルビッシュは6月21日(同22日)の本拠地・ドジャース戦で7勝目を挙げてから勝ち星はなく、今季は腰の張りなどで2度、10日間の負傷者リストに入っている。ティングラー監督は「腰やハムストリングス、股関節の調子は良く、上々だった。それはポジティブな兆候だ」と期待した。プレーオフ進出へ、エースの復活が待たれる。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY