筒香嘉智は「適応性がある」 5試合ぶり特大6号に指揮官も絶賛「良い打席だった」

6号ソロを放ったパイレーツ・筒香嘉智【写真:AP】
6号ソロを放ったパイレーツ・筒香嘉智【写真:AP】

3試合ぶりに「2番・右翼」でスタメン、第1打席で5試合ぶりの6号ソロ

■カブス 7ー6 パイレーツ(日本時間5日・シカゴ)

 パイレーツの筒香嘉智外野手は4日(日本時間5日)、敵地・カブス戦に「2番・右翼」で先発出場。第1打席で右翼へ特大の6号ソロを放ち4打数1安打1打点。試合はサヨナラ負けを喫したがデレク・シェルトン監督は「今日は良い打席だった」と賛辞を送っていた。

 3試合ぶりにスタメンに復帰した筒香がいきなり見せた。初回の第1打席で右腕ヘンドリックスが投じたカーブを強振すると、打球は右翼後方のスコアボードに直撃する特大ソロとなった。

 5試合ぶりの一発を放った和製大砲にシェルトン監督は「今日は良い打席だった」と称え、2番での起用について問われると「まだどこに落ち着くか分からない。ヨシに関しては適応性があるので1番に置いたり、2番に置いたり、4番に置いたり、6番に置いたりしている。おそらくこれからも動かし続けるだろう」と、様々な攻撃プランを描いていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY