大谷翔平は「軽々打ってる」 力感ないスイングでの130m特大43号に米歓喜「美しい」

43号3ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
43号3ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

6回の第3打席で右翼中段へ4試合ぶりの一発となる43号3ラン

■エンゼルス 4ー1 レンジャーズ(日本時間5日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地レンジャーズ戦で「2番・指名打者」で先発出場し4試合ぶりの43号3ランを放った。打った瞬間にそれと分かる一発にファンは「軽々打っているように見える」「なんて美しいんだ」と大興奮だった。

 特大の一発が飛び出したのは1点リードの6回だった。無死一、二塁の場面で第3打席に向かうと左腕アラードのカットボールを完璧に捉え、右翼席中段へ43号3ラン。飛距離426フィート(約129.8メートル)、打球速度107.2マイル(約172.5キロ)の完璧アーチだった。

 これにはMLB公式ツイッターも「オオタニが43号をかっ飛ばす」とコメントを添え動画を公開。観客も総立ちとなった一発にファンも「本当に軽々打っているように見える」「なんて美しいんだ」「信じられない」「全然、力んだ感じがない」と驚きの声を上げていた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY