背走しながら打球“素手キャッチ” 難易度最大の美技が「今まで見た中で一番ヤバイ」

米独立リーグで飛び出した美技に驚きの声が上がっている
米独立リーグで飛び出した美技に驚きの声が上がっている

MLBもNPBもびっくりの美技が米独立リーグで飛び出した

 MLBもNPBもびっくりだ。米独立リーグで、難易度“鬼”の美技が飛び出した。3日(日本時間4日)に行われた「アメリカン・アソシエーション」のスーシティ対スーフォールズの一戦。左翼前に落ちそうな打球を、遊撃手が背走しながら素手でキャッチしたプレーに、ファンからは「今まで見た中で一番ヤバイプレーかもしれない」「マジか、信じられないキャッチだ」と驚きの声が上がっている。

 初回1死で、右打者が放った打球は左翼線に落ちるかと思われた。しかし、スーシティの遊撃手イーロル・ロビンソンは落下点へ猛烈ダッシュ。左翼手よりも早く追いつくと、最後はグラブでなく右手でベアハンドキャッチを見せた。

 この場面をスーシティの公式ツイッターが動画を公開。ファンは衝撃を隠せず、対戦相手のスーフォールズも「OK、我々は対戦相手だったが、もしこれがスポーツセンターのトップ10に選出されないなら、いくら我々でも怒りを覚えるだろう」と手放しで称えた。「どうなってんだ」「これは異常」とのコメントも寄せられた超絶美技。米スポーツ専門局「ESPN」の人気番組・スポーツセンターの「トップ10」では、栄えある2位に選出された。

【実際の映像を見る】「今まで見た中で一番ヤバイ」走りながら後ろ向きで“素手キャッチ”

RECOMMEND

CATEGORY