ヤンキース指揮官が憤慨「信じられないほどイライラ」 “最弱”オリオールズに連敗

ヤンキースのアーロン・ブーン監督【写真:AP】
ヤンキースのアーロン・ブーン監督【写真:AP】

3点リードの7回に、エンゼルスからトレードで獲得したヒーニーが炎上

■オリオールズ 8ー7 ヤンキース(日本時間6日・ニューヨーク)

 2年ぶりの地区優勝を目指しているヤンキースが大苦戦を強いられている。5日(日本時間6日)に行われたオリオールズ戦に7-8で敗れて2連敗。直近8試合で6敗目となり、アーロン・ブーン監督も「ここ数日の間に最善を尽くせず、信じられないほどイライラする」と憤慨している。

 1点ビハインドの2回にサンチェスの満塁弾などで逆転に成功したヤンキース。6回まで3点をリードしていたものの、7回に大量4失点で逆転負け。この回からマウンドに上がったエンゼルスからトレードで加入したヒーニーが4安打を集中されて逆転を許した。メジャー最低勝率と低迷するオリオールズにまさかの2連敗となった。

 辛口で知られるニューヨーク紙「ニューヨーク・ポスト」もこの現状を厳しく指摘。記事では「球界ワーストの勝率を記録するオリオールズを本拠地に迎えたヤンキースは、シリーズ負け越しが決まった。日曜日の試合で7-8と手痛い敗戦となりシリーズは幕を閉じた」と伝えた。

 オリオールズに対して今季9勝7敗とわずかしか勝ち越せていないヤンキース。18勝1敗の首位レイズとは対照的な結果に。また、ヒーニーはヤンキース移籍後、2勝2敗、防御率7.62と結果を残せておらず、指揮官も「ヒーニーは巻き返しが必要だ」と手厳しかった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY