「これが私たちの知っているダルビッシュだ」 79日ぶり白星に指揮官ひと安心

エンゼルス戦に先発し8勝目を挙げたパドレス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
エンゼルス戦に先発し8勝目を挙げたパドレス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

パドレス・ティングラー監督「特に序盤と終盤が良かった」

■パドレス 8ー5 エンゼルス(日本時間9日・サンディエゴ)

 パドレスのダルビッシュ有投手は8日(日本時間9日)、本拠地でのエンゼルス戦で、79日ぶりの白星となる今季8勝目をマークした。6回を投げて3安打1失点。黒田博樹氏に並ぶ日本人歴代2位タイのメジャー通算79勝となった。試合後、ジェイス・ティングラー監督は「これが私たちの知っているダルビッシュだ」と手放しで称えた。

 初回を3者連続で見逃し三振で滑り出したダルビッシュ。2回1死一、三塁のピンチでは、右翼タティスJr.の本塁への好返球に助けられ、無失点で切り抜けた。6回まで99球を投げ、3安打7奪三振1四球で1失点で防御率3.95に。6月21日(同22日)の本拠地・ドジャース戦以来の勝ち星となった。

 指揮官は「非常に良かったと思う。特に序盤と終盤が良かった。序盤はアグレッシブで、全ての球種を意図を持って投げていた」と強調。その立ち上がりについては「腕の振りや球速といったことの全てが良く、初回には3者三振に斬って取った」と大きく頷いた。4回に1点は失ったものの、先発の役割を果たしたことに「全ての球種が非常に効果的だった」と語った。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY