大谷翔平、爆速185キロは「弾丸のようです!」 44号ソロに現地実況おったまげ

44号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
44号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

グビザ氏もうなる「正真正銘、ロケットのような打球でした」

■アストロズ ー エンゼルス(日本時間11日・ヒューストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手が10日(日本時間11日)、敵地でのアストロズ戦に「2番・投手」で出場。初回の第1打席で44号ソロを放った。登板直前に自らを景気づける弾丸ライナーでの一発に、地元放送局「バリースポーツ・ウエスト」で実況を務めるリッチ・ワルツ氏は「大きい、入りました! 弾丸のようです!」とおったまげた。

 初回1死、左腕バルデスの内角シンカーを振り抜くと、打球は右翼席へ一直線。リーグの本塁打王争いでは2位のブルージェイズ・ゲレーロJr.、ロイヤルズ・ペレスに2本差をつけた。打球速度114.7マイル(約184.6キロ)と速く、飛距離368フィート(約112.2メートル)、角度22度だった。

 ワルツ氏は「彼は自分でリードを奪いましたよ笑」と驚きを隠せない様子。解説を務めるマーク・グビザ氏も「正真正銘、ロケットのような打球でした」を舌を巻いていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY