狙われた大谷翔平? 9回2死からの死球にエンゼルスOB解説者「私は故意だと思う」

「3番・DH」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
「3番・DH」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

カード初戦、ホワイトソックス打者にぶつけたことへの報復?

■エンゼルス 9ー3 Wソックス(日本時間17日・シカゴ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)の敵地ホワイトソックス戦、9回に右ふくらはぎに死球を受けた。これが故意の報復だったのかどうか、グラウンド内外を巻き込んだ騒ぎになっている。エンゼルスの地元放送局「バリースポーツ・ウエスト」の放送席は故意だとの立場をとり、実況もエキサイトした。

 問題の場面はエンゼルスが9-3とリードした9回2死無走者。右腕ライトJr.の投球は1ストライクから乱れた。2球ボールを続けた後に4球目が大谷の足元へ外れ、右ふくらはぎに当たった。実況のマット・バスガージアン氏は「ヘーイ! おい! 酷い投げ損ないが3つ! なにが起こっているのでしょうか?」とエキサイト。

 この死球は故意と判断され、投手と抗議に飛び出したホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督が退場となった。14日(同15日)のカード初戦で、エンゼルスがホワイトソックスの中心打者に死球を続けたことへの報復と取られた模様だ。

 バスガージアン氏の「あれが故意かどうか疑うところがありますか、グビー?」という問いに、エンゼルスOBの解説者マーク・グビザ氏は「私は故意だと思います」ときっぱり。

 さらにリプレーで詳細に場面を点検すると、大谷は最初からベースから離れた位置に立っている。グビザ氏は「あれだけベースから離れた内角に投げてくるのには、なにか理由があるに違いありません」と報復だとの疑念を深めている様子だった。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY